2018年2月16日金曜日

軽井沢の新居ができてきました。

新住居ができてきました。
大きさ的にはちょうどいい感じです。
室内はまだ外壁が貼られただけですが、断熱材が入り結構暖かく過ごせました。
断熱材はボードに吹き付けるタイプで、劣化が少ないようです。
次は内張のボードを進めていくようです。

2018年2月13日火曜日

やっぱ日本酒が好きやねん



最近、美味い日本酒をセレクトして出してくれる店を見つけ何度か通っている。
一杯600円、定価3000円程度の酒をグラスにたっぷり注いで出してくれます。
これまでにに呑んだ日本酒はこんな感じでした。

陸奥八仙 ピンクラベル 吟醸
青森県 八戸酒造 3100円
カチンとくる旨さが嬉しい。











賀茂金秀  特別純米 生
広島県東広島市 金光酒造合資会社
約2600円
広島の酒は独特の濁り感が好き。
あればオーダーする。









山梨県  
山梨銘醸株式会社
約2000円
山梨の酒は綺麗な酒、
水がうまいところだけに済んだ酒
会津中将純米吟醸夢の香火入れ
福島県 鶴乃江酒造
2800円















竹葉 純米吟醸
石川県能登 数馬酒造
3,240円









富山県
富美菊酒造
2625円










裏ちえびじん 番外編 
大分県 中野酒造
2800円












陸奥八仙(むつはっせん)
いさり火 特別純米 火入
2800円
車坂 純米おりがらみ生酒
株式会社吉村秀雄商店
和歌山県
2,495円












西岡酒造
久礼
兵庫県






初日の出 純米
羽田酒造株式会社
京都











矢野酒造
蔵心
佐賀県

2018年2月10日土曜日

池の修理中間完成

こうして、池の修理が完成しました。
修理したのが正月期間だったのでお店が休みになり、
セメントが切れてこれで終わりです。
下の面2/3はほぼぬれたのですが
1/3は材料がなく諦めました。
しょうがないので、水をせき止める板を付けました。
写真ではわからないのですが、石とセメントの面はまだ未完成で次の課題です。
この先も、池をここで2つに分けて使用する予定です。

2018年2月6日火曜日

池の修理、セルフビルド編

今年の正月、
何年も水漏りによって枯山水となっていた実家にある池の修理に取り組みました。
まずは池の水漏れ修理についてネットで情報を集めます。
しかし、これがほとんど使えそうな情報が出てきません。そりゃあ、池があって、その水漏りにず困っている人など、そんなにいないでしょうから、、、
仕方ない、とりあえず、やってみるしかない。これがセルフビルドの魂です。

池の古いコンクリートを軽く叩いて取れる部分を剥がしていきます。
これがどんどん剥がれてきます。古い層は3僧になっていました。
剥がれるということは古いコンクリートの層と新しく塗ったコンクリートが密着していないということです。この反省から、今回は定着剤をしっかり塗って、1日乾かしてからセメントを塗ることにしました。
セメントはホームセンターで売っている池や水漏れ修理の小袋の砂入りセメントです。
大量に使うにはもったいないのですが、この程度ですからこれにしました。
一番深い部分から厚さ1センチ程度をめどに塗っていきます。
曲面は塗りにくいのですが、だんだんと慣れてきます。
今日はこの程度にします。用意していた小袋セメントが無くなってしまいました。
水とハケで厚さを均等にならして行きます。
下地剥離と下地剤に1日、二日目セメント塗りが半日。明日セメンを購入してきて最後の仕上げをします。

2018年2月5日月曜日

ロード車と雪路

 この冬は2度も雪が積もり、自転車通勤は大変でした。
1度目の雪はすごすぎて自転車をあきらめたのですが
2度目の雪はなんとか走れるものでした。
しかし、こうした悪路になると、ロード車は腰高で足がつきにくく、
タイヤの接地面積が少なすぎて、雪には向いておらず
ママチャリよりも乗りにくくなります。
これだけ雪の影響を受けると、雪用の自転車も欲しくなります。
古いMTBがあるので、それを再利用できないか思考中です。

2018年1月29日月曜日

氷った道と、リトルカブ

スキー場の雪はきれいですが、
実際に自分たちの生活圏に降られてしまうと厄介なものなのですね。
先週初めに降り積もった雪はいつまでも溶けることなく道路に居座っています。
歩く程度ないいのですが、自転車やバイクにとっては大きな問題です。

氷で覆われた部分が、2輪の交通を分断しています。
そんな時に力を発揮するのがリトルカブです。
700Cの自転車でも苦労する道を乗って行けます。
車高が圧倒的に低く、軽いからです。
まあ、郵便カブはバイク用のチェーンを巻いて仕事するのですから、カブはすごい。

2018年1月24日水曜日

できてきました。

数年後の移住用の住居ができてきました。
今の家は中古で購入し、島の家は手作りしたものです。
しかし、今回は初めて設計士にお願いしてニーズに合わせて設計してもらい、注文した住宅です。出来上がってくると、これは確かに価値があるなあと実感してしまいます。
餅は餅屋、設計は設計屋。完全に参りました。

2018年1月17日水曜日

ベバストFFヒーター排気口の調整

冬場、スキーキャンピングにはFFヒーターが活躍します。しかし、外気温がマイナス5度以上になると、椅子の後ろにあるヒーター排気口からの熱では足元が寒く、足を伸ばしていられません。
そこで、多くのセルフビルダーが排気口を調整して、暖気が直接足に当たる様に改造しています。今回、これらのHPを参考に私も作ってみることにしました。
排気ダクトはべバスト純正もありますが、面倒なので、ホームセンターに売られている
安価なアルミダクトを流用します。L型金具と75パイ配管用の止め金具3つを用意して
エアを取り入れる口をL型金具で固定します。
途中の配管を75パイ配管用の止め金具で止めて
入り口ドアの横を回して、足元にエアが出る様にしたら完成です。
ここで止めてしまわないのは、就寝時ベッドにした時は排気口を上に向けられる様にするためです。このダクトは結構熱をもつので、熱に弱いものは触れさせない様に注意します。
本当はべバスト純正のホースを使った方が良いのかもしれません。
これを使いながら、気長にもっと良いホースが無いか探してみます。

2018年1月16日火曜日

失敗と拾い物

先日のバックカントリーでは、プラスティックの加水分解でいきなりゴーグルが壊れました。無名のメーカーで、安物だったのかもしれません。この日、サングラスを持参していたのでなんとかなりました。

そして、今回の忘れ物はマフラーでした。
暖かな日差しがあったので、大丈夫かとも思ったのですが、
天候の変化で寒くなることもあり、かぐらステーションで買うことにしました。
そこで選んだのが、この目だし帽
友人が持っていたので、どの様なものか試してみたく購入しました。
すると、こんなに薄い生地なのに、びっくりするくらい暖かい、
吹雪かれた時には活躍が期待されます。この上にヘルメットを被れば完璧です。
この口の部分が優れもので、暖かい息を体の中に取り込んでくれます。
雪山は道具の管理が命です。
次はゆっくり準備して出かけたいものです。

2018年1月15日月曜日

滑り始めの南斜面

天気良し、パウダー状態良し、風無し、最高のコンディションです。
第五ロマンスの周りを一度滑ったので、時間が少し遅く、
お昼少し前の時間、田代湖に向かって南斜面を滑って行きます。
何本も滑った跡があります。
どのコースを取れば良いのか悩みます。
しかし、この様に広がったコースを滑る時が最高です。
午後1時前、足の筋肉がパンパンになってもう滑れないくらい疲れて車に戻りました。
こんな時に駐車場所がリフトに一番近い場所というのは嬉しい。
今年の1回目は最高の滑りとなりました。

2018年1月14日日曜日

車中泊からのかぐらバックカントリー

月曜からの天気予報はずっと雪、これはダメだと全くスキーを予定していなかった週末
金曜の朝から急に変わり晴れマークがつきました。しかし、出発の準備は一切できておらず、しかも、その夜は飲み会。
しかし、友人にラインすると運転は任せてとの返事が届き、出発の腹を決めました。
宴会が2時間を過ぎたところで退席し、夜の9時、自宅到着。
ハイエースの車中泊準備とバックカントリー準備、
9時45分に友人が到着し、友人の運転で出発です。
12時30分スキー場到着、ゴンドラ横の一番良い位置に停めてミニ宴会で1時30分就寝。
翌朝、7時起床、かぐらは快晴。さあ山に登ります。
友人が用意してくれていた登山計画書をゲートで提出。
登山の準備です。スキーを取り出し、
シールをスキー前方から貼っていき
そして、後ろで止めます。
私のスキー板は非圧雪専用ではないのですが、なんとか使えます。
そのうちバックカントリー用の板も買いたいものです。
長年愛用のセキュラフィックスを使ってかかとが上がるようにします。
さあ登ります。今日は極端に人が少ないです。
何本か南斜面を滑った跡があります。
気持ちよさそうなラインです。
頂上まで登りました。前日の雪がすくないので、
バリバリのアイスバーンではと心配していたのですが、
全くそんなことはなく、ふかふかの雪です。
さあ、下ります。

登山持ち物一式重量
バッグ、ショベルセット 1350
セキュラフィックス1240
スキーシール600
ガスセット385
ビーコン 380
デジカメ210
無線機250
救急等雑貨一式 410
500
食料 500
合計5825
持参品その他
ヘルメット
ゴーグル
マフラー
スキー板
スキーブーツ
ストック
手袋