2017年6月19日月曜日

セローのツーリングボックス購入

これまで、セローにノーブランドの5000円程度のリアボックスを付けていたのですが
容量が少なく、日頃の足としては使い勝手が良くないものでした。
また、林道ではガタガタと音がうるさく、
こけると割れてしまうという話を聞いていました。
そこで、ソフトタイプのものも購入しました。
これは見てくれは良いのですが、さらに容量が少なくなります。
そこで、色々悩んだ挙句近所のお使い用、
または、キャンプ時の大量荷物を運ぶ時用として
購入し、届いたたのが

GIVI E20N EASY-BOX
現在、ラインナップにないクラシカルなタイプで
アマゾンの並行輸入品です。ヘルメットは2つ入りませんが、
自分の使用目的としては十分です。
現在はE43NTLDという少し大きなボックスになっています。
さあ、キャンプの準備ができました。
早く行きたいなあ、、

2017年6月6日火曜日

最近の足は、セロー250

 ポンコツだけど、走行距離の少ないキャブ仕様セロー250を買って来て
チェーン、マフラー等のレストアもほぼ終わり、
綺麗になって日常の足として使っています。
この子はエンジンのフィーリングもよく、車体がめちゃ軽く、燃費も良いので
足としてバリバリ使えます。
BMWGS1100は日常の足としては重すぎたので冬場はほぼ凍結状態でしたが、
セローにはグリップヒーターもつけて、寒くても乗ります。
 通常はハードケースですが、ツーリングの時は林道に入った時など
ガタつき音がうるさいのでソフトケースにします。
 ハンドル周りは色々付いています。
USB電源とスマホナビ
グリプヒーター
ヤフーナビ用のリモコン
ETC
でも、ツーリングに出かけると高速道路だけがダメですね。
昔はシートも薄すぎてダメでしたが、
ツーリングシートに変えてほぼ合格点。
しかし、高速は100キロでも辛い。
スプロケを変えれば良いのでしょうか。
まあ、数時間の辛抱ですね。
で、このバイク、私なりの評価は85点から90点の間というところ。
まあ、良い買い物でした。

2017年5月21日日曜日

さあ、夏の準備でもしますか

連休中花粉症と、発熱で島でダウンし
その後遺症とも言える元気のない休日が続いていました。
これといったこともせず、軽くテニスをやって1日が終わりという感じでした。
でも、今日やっと少しやる気が出て、家の洋服の衣替え、ハイエースのタイヤ履き替え、
夏に向かっての準備をしました。
私のように年間走行距離が少ないケースでは、一年を通してスタットレスでも普通に乗れるのですが、燃費が極端に悪くなりますので、ノーマルタイヤにちゃんと履き替えます。
ノーマルタイヤは細く接地面積が狭い分燃費を稼いでくれます。
業者に変えてもらう人もいますが、私は自分でやります。
色々な箇所をケアしながらも2時間あれば絶対に終わるからです。
お店に出かけて、そこでやってもらって家に帰ることを考えれば
自宅での着脱の方が効率的です。
ジャッキは色々考えたのですが、車載工具でやることにしています。
年に2回のパンク時を想定した避難訓練だと思って頑張ります。
最終的なトルクをかける部分も車載工具を使います。
外すときを考えるとこれが一番良いと思います。
先日買ったエアコンプレッサーもあります。
昔買ったエアツールもあります。面倒なボルト回しはこれを使いました。
無くても全然問題ないのですが、、、
ジャッキは車載工具の原始的なものです。
確かにスタッドレスと比較して
ノーマルタイヤは細身で接地面積が少ないことがわかります。
このタイヤは高速に乗ると2、6トンの車重を支えながらリッター10を出します。
さあ、これで関越を走って山に行きますか。

2017年5月8日月曜日

大工仕事の5連休

 5連休と、久しぶりにまとまった休みを取ることでき島に向かいます。
東京からの直行ジェットはあいにく満席でしたので、今回熱海回りでとなりました。
ちょうどトタン板用のビスが不足していたので、
熱海のホームセンター「ハンディー」に寄って行くことにしました。
ここは品揃えが良く本当に良い店なのです。
今年の連休も良い天気です。毎年、この時期の晴天率が高いことが助かります。
 今回のミッションは錆びが進み雨漏りがするようになった
コンテナハウスの屋根を張ることです。
すでに骨組みは済ませており、半分貼れば終わります。
 半日かけてガルバリウム板をはります。ガル板はトタン板よりも錆びにくく、
値段も同じ程度なので良いとのことで、
今回初めて使ってみます。昔は売ってなかったのですが、
最近出てきた新しい商品です。
 爽やかな晴れの日でしたが、屋根の上はとても暑くなります。
周りの木材に塗料を塗って完成です。
ドアと窓の部分にもトイをつけて完成です。
 母屋は防水シートにシングルという屋根材を貼って作っています。
シングル材は耐久性があまり高くないのですが、錆びないのでよく使われています。
 風呂は普通のトタン板を使っています。
 テラスはコンパねを貼りその上にポリカーボネイト板を貼っています。
これも比較的耐久性が高い製品とのことです。
どちらにしても、島では屋根を大きめにしっかり作らないと建物がすぐに傷んできます。
しかし、屋根は強風の影響で傷みやすい部分でもあり、
常に注意していなくてはなりませんので、
私はあまり高い建物を作らないようにしています。
そして、
左側にある松の木をハシゴのようにして屋根の上にすぐに上がれるようにしてます。
 夕方、桟橋を散歩して、島の飲み屋で友人と一杯やります。
最近はホルモン屋にはまっていて何度も島でホルモン
なんだか変ですね。




2017年5月3日水曜日

フォーミュラー、始動。のはずでしたが、、

さあ、フォーミュラーを組み立てていきます。
せっかく開けたクランクカバーですから、中にあるギアオイルを交換しました。
たった、100CC程度の量ですから、残っていた4サイクルオイルを使って交換です。
注入口が小さすぎるので、注射器を使って入れていきます。
錆びたり、塗装のハゲおちた部品の再塗装も終わり
準備完了です。
クラッチ部分は今回いじりませんでした。
とにかく、一度動かさなければ。
カバー装着。綺麗になりました。
ガソリンタンク下部のカバーもつけていきます。
この辺がスクーターの泣き所
メチャクチャ面倒臭い。
エキパイ部分の塗り替えは二度目です。
この部分はどうしても塗装がすぐに剥がれるし、泥もつきやすいので
すぐに錆びてしまいます。
マフラーも装着していきます。
不安なので、初め混合ガソリンで始動します。
セット完了。
エンジンスタート。よし、かかった。
とアイドリングしていると、やがて片肺になりました。
原因不明。調べてみると、片側のプラグが死んでいました。
このプラグ、変えたばっかなのですが、謎です。
またキャブをバラしての調査からやらなければダメそうです。
いやあ、萎えそうなくらい、難しい子です。まあ、気長にやりましょう。

2017年4月25日火曜日

フォーミュラーの修理は進んでいます。本当に少しずつですが、

もういい加減にエンジンを組んで動かしてしまえば良いのですが
細かな問題点が散在していて中々進みません。
例えば、こうしたプラスチック部品の破損が修理なども時間がかかります
でも、プラスチック部品の修理は簡単になりました。
昔だったら完全に諦めていたこのような部品の破損も
 良いリペア材が売られています。
 このような修理材は素材を溶かしてもう一度固めるので、強度が出ます。
見かけが気にならない部分でしたらなんとでもなります。
このように付属のプラスチック粉をかけて
 上から溶剤をかけると簡単にくっつきます。
 さらに強度を高めたいときはもう一度粉をかけて厚くします。
本当はグラスバイバー等の繊維のあるテープをかけ
同じ処理をしていくと綺麗にできるようです。
私は見えない部分ですから気にせず、
CDケースなどのプラスチックを割って補強材として付けていきます。
 このように簡単に修正できました。
本当に良い時代になりました。昔はプラスチック部品が割れたときは
修理が不能で本当に悲しかったもんです。良い時代です。




2017年4月23日日曜日

島へ、、行くしかない!

「今回こそ島へ渡らなければならい」
この思いはずっとあったのですが、3月から腰痛のためずっと我慢をしていました。
半年前に始めたコンテナハウスの屋根付け工事が中途半端になっているのです。
いくら何でも、もう、じっとしていられません。
フォーミュラーのレストアも中途半端ですがそれは保留にしておきましょう。
インパクトドライバーをカバンに詰めて竹芝桟橋よりジェットに乗ります。
島に降り立って、天気予報通りに曇り、島の桟橋には厚い曇がかかっていました。
半年も放置したサンバーのエンジンをかけるときには少し緊張しました。
でもバッテリーは交換したばかりなので期待を込めてスイッチオン
「ブルルン!ー」
大丈夫でした。朝一で、ぶらっとハウスに野菜を買いに行き、小屋へ急ぎます。
時間は11時、もう半日しかありません。
半年前の工事がそのままになって残っていました。
特に、損傷はなく、ホッとします。
今回の工事を始めたのはコンテナハウスの上面が錆びて腐り、穴が空いてきたからです。
まだ、雨漏りはそれほどではないのですが、
コンテナハウス自体の修理のレベルを超えていました。
前回はコンテナハウスと木材をつなぎ、柱を渡すところで終わっていました。
今夏はこれに細かな横の木材を入れて行きます。
夜7時まで、そして、翌日の朝も1時間程度船の時間までやって、骨組みが完成しました。結局トタンを張るところまではいかなかったので来月に持ち越します。
トタンをはることは難しくはないのですが、結構時間がかかります。
午前中の船で東京へ帰る予定ですのでしょうがない、ここで終わります。
下から見るとこのようになりました。
今回は10年程度前に買った2バイフォーの木材をついに使ったのですが、
一部歪み見かけが悪いのですが気にしません。
要はしっかり雨を防げれば良いのです。
この土地は強い台風がくると、この辺は風速50メートル近くになるので
気をつけなければいけません。
日曜日の帰り、
少しだけ早めに小屋を出てサンセットパームライを走ります。
右側に引かれていているブルーのラインは、
自転車の観光客向けです。
ブルーはなんとなく視覚的にも気持ち良いですね。
昔から散々ココで魚を獲ったケイカイの浜を見ながら少しだけ和みました。
潮が引いていて潜りやすそうです。
今回は全くその時間はありませんでしたが、、
反対側にある友人宅にも寄って帰りましたが、
その町道が舗装されていました。
これはびっくりです。
島で自分の土地を買うとき
隣接する町道が舗装されているか、そうでないかで便利さが全く違います。
なぜなら、未舗装路は雨のたびに土砂が流され、車を走らせるのが大変だからです。
最悪の場合は自分でガラ石を引くなどの面倒が手間がかかります。
きっと友人は喜んでいることでしょう。


帰りにいつもの美味しいアイスクリーム屋さんに寄って帰ります。
ぱっと見、あまりわからないのですが、本当に美味しいのです。